『 お知らせ 2016/11/29 』

<メンズアイテムご紹介>
MA deshabilleでは男性向けのアイテムも取り揃えております。
贈り物が多くなるこれからの季節にもおすすめです。

細身のアイテムではありますが、より多くの男性にも着ていただけるよう
大きなサイズも近日中に発売予定です。

『BRUTUS』No.832

また、MA deshabilleのメンズアイテムをBRUTUSにて
ご紹介いただいております。是非ご覧ください。

<PINK FES開催のお知らせ>

大変好評をいただいております”PINK FES”では
新たにbespoke でのwilliam の受注受付や、
ピンクのbabydoll発売も予定しております。
詳細が決まり次第改めてお知らせ致します。

『 薄化粧 』

nhk の朝ドラ、「とと姉ちゃん」の西島秀俊が演じる
とと(お父さん)が亡くなる前までが感動的に良かった。
自分のお父さんがああ云う人だったら、と、思った。
ダライラマメッセージの3番を思い出した。

3Rに習うこと。
―自身を敬い(Respect)
―相手を敬い(Respect)
―自分の行動全てに責任(Responsibility)を持ちなさい。

1Rでも難しいのに、3Rとなるととても難しい。

母に「あなた舛添みたい」って言われたけれど
こんな資本主義の中で生きているとプチ舛添みたいになるので
日曜日に田舎の田んぼ道をひたすらウロウロしてみた。
野花っぽくない花が咲いていた。

花は誰にも見られないのに綺麗に咲いてて偉いな、
と思った。

やっぱり私達は、花の色だとか、形だとか
そういうことで花を見るけれど、それ以前に
「生」と云うところに魅せられるのだと思う。

そう云えば、sns時代で、人と、、友達と、、つながっているように
見えて、挨拶のようなことしか発していない事が大半なので
”誰にも見られないのに綺麗に咲いている花”
はなおざりになっているのだろうな、と
ネットが使えない恩師の何人かの顔を思い浮かべた。

とても具体的な事。
50’sの女性のウエストはこんなに細かったのよ
と、昔のスカートのウエストベルトを
みせられた事、レースの服のコンディションをチェックする方法、
コスチュームジュエリーの素材をチェックする方法、、
(噛んだり、においを嗅いだり、道具を使ったりする)。
単純に、つかれた嘘に圧倒されて騙されてることを黙認してる事。

「花と生活」について、書こうと思ったときから、3ヶ月以上経ってしまった。
1日が一瞬だったり数年が十数年のように感じたり
私も年をとったので屈折したレイヤーで ”生” と
向き合うようになって来た。
自身を敬うこと、、なんて、いつになったら出来るのだろう。と、
常々に気恥ずかしく思う。

『 Marrakech,Rabat,Sahara 』

MA deshabilleといえば、旅と夢と、癒しと、
と云うのがコンセプトなのですが
私がヨーロッパに住んでいた時によく現実逃避に
通っていたのがモロッコでした。例えば
日本人が皆、着物を着ていたとしたら、
街の風景の見え方って大分違って見えると思うのですが
始めてモロッコに行った時(かれこれ15年前とか、、)
みんなが”ジェラバ”という(スターウォーズのジェダイの着てるアレ)
民俗衣装を着ていて、カフェにたむろってミントティーをのんでいて、、
卵屋さんの背後にはニワトリがいたり、ロバに突進されたりする
光の強い色彩が鮮やかなあの場所にもう惚れ込んでしまったわけです。

MA deshabilleには、
marrakech, sahara,rabat
という、モロッコの場所の名前のアイテムが3つあって、
モロッコの人達が着ているもののニュアンスを
要所、要所、取り入れたものになっています。

社会的な条件から切りはなされた存在に
転落してしまう縦型のスリル。大好き。

『 日常的、、  』

18歳くらいのころ、当時の恋人との待ち合わせに早くついて
時間を持て余し、原宿の南国酒家の辺りのカフェの奥にあった
お花屋さんで花を数本選んで買った。
自分のお金で花束まがいのものを買ったのはそれが初めてだった。
彼は、家に着き次第に群青とグレーの綺麗な陶器にその花を
生けてくれた。”花を選んでいる私”って思わずに彼のことを
一直線に想って花を買ったのが伝わったらしく
その初心の様なものにあのひとは上機嫌だった。

アントワープにいる頃、毎週土曜日に、古着、野菜、
チーズ、花etc、、を売っているマーケットが
あって、そこで毎週、花束を買っていた。
あと二軒、一軒は、計算が全く出来ない神経質な顔の青年が
やっているお店、もう一軒はサンタマリアノヴェッラに
よく買い物に来るイタリア趣味っぽいご夫婦がやっているお店、を
気に入っていた。この2軒は「お店のシールを貼らないで
もらえますか?」と頼まなくて済む店だった。

チューリッヒにある有名なお花屋さんに出会ったときの衝撃は
忘れられない。今までで会った人の中で
一番に眼力の強い人だった。白薔薇とオリーブの葉で
花束をつくってくれた。
「貴女にとって花とは何ですか?」と、訊ねたら
「音楽と天国よ。」と、即答頂いた。
このお花屋さんをご紹介下さった、奥様のご自宅のお庭は
ロックガーデンで、将来、庭を持ったとしたら真似しよう
と、決めている。

(前置きが長くなりましたが、)
 DILIGENCEPARLOUR、越智君にお誘いを頂き、花フェスを
やる事になった。このお誘いはとても嬉しかった。
服を花と結びつけられるってかすかないい感じを
ちょっと実感する。
花は枯れるからそれを職として扱っている人がうらやましい。
「みんな服を捨てたがっているんだよ。」と知人から聞いた。
確かに私も色々捨てたい。服と関わっているとデカダン気取りで
デカダンにはなれない。私の中の小さなヴィスコンティはいつも
心のどこかに置いてきぼりになっている。

追記:
「美しい「花」がある。「花」の美しさという様なものはない。」
と云う一節があるが、越智君は“美しさ”とかを追わないから信頼している。

DILIGENCE PARLOUR OMOTESANDO
東京都渋谷区神宮前 4-12-10 表参道ヒルズB1F 
月~土 11:00~21:00(祝日の日曜日、連休最終日も同様)
日 11:00~20:00
TEL:03-6434-7826
MAIL:order@diligenceparlour.jp

『 PINKFES 始まります。』

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

:williameパイル地(コットン100%)⇒ WANT

:Amber(カシミア+コットン)
⇒ 生地の生産トラブルにより、次回の提案とさせて頂きます。申し訳ございません。

:Gabllielle(カシミア+コットン) ⇒ WANT

:shahara袖無しパイル地(コットン100%)⇒ WANT

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

HARB PAD “wake up” ⇒ WANT

プライ、うこん、レモン、レモングラス、タマリンド、
ローズマリー、ソンポイ、こぶみかんの葉と皮、カー、
カモミール、玄米

HARB PAD “love” ⇒ ⇒WANT

バラのつぼみ、レモンユーカリ、ラベンダー、カモミール、
プライ、カー、レモングラス、ユーカリ、こぶみかん、うこん、
夏みかんの皮、ゆずの皮、カモミール、玄米

HARB PAD “love”+”wake up” ⇒ “>WANT

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

『 PINKFES 』


ピンクフェス、ピンクフェスって言っているけども
いつから始まるのだろうと疑念を持たれている事と
思います。御待たせ致しました。

MA deshabilleでは、3月、8月、12月を
女子力向上月間とし、子宮温めのハーブパット、
LOVEと女子力アップのお茶、そして、
ピンクフェス限定でのピンクのアイテムを販売致します。
子宮温めのハーブパットLOVEは
女子力向上月間中(年間3回)に届く
年間セットも御用意致しました。
送料、布袋を2回分省略した、
御自身用に購入下さる方にオススメなセットです。
定数に達し次第ご予約を締め切らせて頂きます。
お早めにどうぞ!→ WANT
こちらのお申し込み受付は年間一回となりますので、
呉々もお見逃しのないようにお願い致します。
(銀行振込の方も一括でのお支払いとさせて頂きますこと、
御了承下さいませ。)


3月6日より

:williameパイル地(コットン100%)⇒ WANT

:Amber(カシミア+コットン)
⇒ 生地の生産トラブルにより、次回の提案とさせて頂きます。申し訳ございません。

:Gabllielle(カシミア+コットン) ⇒ WANT

:shahara袖無しパイル地(コットン100%)⇒ WANT

を数量限定で発売致します。

年に何回か、女性がちょっとウキウキしながら
自分って女なのよね〜〜って思い出してもらって、
ちょっと男に優しくしたり、肌艶よかったり、
ちょっといつもよりセクシーな格好をしていたり、
少女心を思い出してみたり、女性のフィジカルな問題を
他の人と話し合えたり、ワークショップがあったり、、
って云うきっかけをつくってゆければと思います。
一緒に温め、楽しみましょう〜〜。

2年程前にこういったブログを
書いていました。
子宮温めハーブパットも普及して来た今、
久しぶりにこの『いま、世の中に『オンナ』がいない…」
の文章を読んで、ちょっと初心を思い出してしまったのです。
(↓長文を失礼します。)
:::
タイマッサージの秘境のももちゃんの
治療を受けに行ってきました。
マッサージを受ける前に2、3時間も、、時間を忘れて
いろんな事を話し込んでしまうのですが、
今回は『オンナ』について、、話しました。
『おんなのひとは、身体があたたかくて、言葉使いが丁寧で、
朗らかな表情、をしていたら幸せになれるんですって、
シャーマンのひとが言ってた。』
と、ももちゃん。(このひとはいつも穏やかに、
衝撃的なことを口走ります。)
『子宮の中が冷たいと、おとこのひとは、
イ◯ても気持ちよくないんですって。』
私のブランドから子宮を温めるハーブパット
をだすことを2人で考えついた。
Loveと云う名前で販売することにしよう。

下記添付↓は、ももちゃんのお友達経由でシェアしてもらった文章。
”つまり、しっかり『彼ら』にハメられているのです。”
とかwwwまあ、過剰なかんじでウケますが、
同意できる所も多いですね。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
【いま、世の中に『オンナ』がいない。
それがあらゆる問題を創り出しています。】
陰謀論の多くが、政治、金融、農業、マスコミ、グローバル企業、
製薬、軍事とか中心になっているけど、そっちって、
実は表面的な話なんですよね。
本当に、『彼ら』が目覚めて欲しくないのは『性』についてです。
特に、女性が本当の『オンナ』に目覚めたら、全て終わってしまう。
なんで、性の産業が汚らわしいってことになっていると思う?
なんで、風俗とか、アダルトビデオとか、本当は一番神聖で、
美しく、人間を人間たらしめてきる『性』の産業が、
卑しいことになっていると思う?
なんで、美しい女性の肉体が、イヤらしく、男性の
欲望を煽るようなものだと貶められていると思う?
なんで、『男女平等』が、身体と心のバランスを崩してしまうほどに、
仕事に追い詰める土俵に立つってことを
目指していることになっていると思う?
なんで、かつて世界中で神殿で祀られていた性器にモザイクが
かけられているんだと思う??
なんで、古代の神殿では、神官が、セックスを扱っていたのだと思う?
『彼ら』は、オンナが、オンナに目覚めると、
全てが終わってしまうということを、よーーーーく知っているのです。
原発問題とか、ワクチン問題とか、製薬会社の問題なんて、
オンナがオンナに目覚めたら、実はあっさり、ぜーーーんぶ、
ぜーーーんぶ、片づいちゃうのです。
オトコは、オンナが目覚めれば、自然と目覚めます。
ハッキリ申し上げます。
女性性の目覚めは、いま、世界中で起きている問題を全て
解決してしまいます。
だから、陰謀論が大好きで、製薬会社とか、軍需産業とか、
グローバル産業とかと『闘って』いる女性は、
あなたのなかのオンナを目覚めさせることを優先した方がいい。
仕事に追いまくられているのをやめて、冷えをとって、
子宮を温めて、身体を愛して、人生を愉しんで、
愛のエネルギーをバンバンまわりに廻せばいい。
いま、世の中に『オンナ』がいない。
それがあらゆる問題を創り出しています。
だから、男性は狂ってしまって、
暴力的、破壊的、支配的な世の中を生み出しているのです。
それを、男性的に破壊しようとしても、ますます加速します。
陰謀論に立ち向かっているとき、それは男性的な感覚に変化しています。
つまり、しっかり『彼ら』にハメられているのです。
とにかく、オンナに目覚めること。
そして、素晴らしいことに、その流れが女性から
スタートし始めています。子宮やセックスからオンナに
ついて伝える女性に会いに行きましょう。
彼女たちは、あなたの欲しい“答え”をもたらしてくれます。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

『 SAHARA 』

非常に人気のあるSAHARAですが、
こちらは、私がアントワープにいた時に蚤の市で購入して
気に入ってよく着ていた、ピエールカルダンのドレスがあって、
それを、ミャンマーで布を買って、現地で少しパターンを直して
おつくりをしてもらった、、と云うのが始まりです。
その後、日本に帰って来てとても優れたジャージー素材に
色々と遭遇したので、気に入っているもの、ぜーんぶジャージーで
作ればいいのじゃないか、、と、やってみたはいいけれど、
縫製工賃も高く、モノの見た目とつりあわない価格になってしまう
ので、まあ、まわりのスタッフには「これはやらないほうがいいね」
と例のごとく止められた訳です。
止められているのに、作りたいから作ってしまう、、と云う
ミキリハッシンとドンブリ勘定で今迄のMA deshabilleは
相当な原価割れをしており、私が困った姿に、ほら見ろ、と、呆れた、
スタッフが計算をし直してくれ、
(+生地価格や物価の上昇ect,,)価格改正が行われたのでした。
そうしたら、兎に角、高い、、。今までも高かったけど、
”雑に着るいい服”のつもりでやっているのに、
こんなに高くては雑に着てもらえないじゃないか。。
と、自己嫌悪に陥りました。なので、SAHARAと何点かの商品は、
”まあ、損をしなければいいんじゃないか、、価格”に
しよう!と、ハラハラしながらの提案をしたら、
優しいスタッフは納得してくれ、
結論、据え置きの”48000円”でおさめられているわけです。

えと、なぜ、そんなにジャージードレスにこだわるか
というと、前述、”雑に着るいい服”を自分が欲しいから、
と云うのと、、よく使っているカシミアテンセルは
お母さんのお腹にいた時の羊水に触れている感覚がある、
→それが癒しに繋がる。と勝手に思っているのと、
私のとても尊敬しているデザイナーにマークオディベという
人がいるのですが、この世の中にストレッチ素材を普及させるのに
一役かった事で有名で、プラダの立ち上げにも貢献している
博士みたいな恐れ多い人で、、。その人はクレアマッカーデルと
ヴィオネを敬愛しており、ヴィオネはバイアスカットと云う、
布を斜めに使うと伸び率が上がる、、と云う原理を発見し、
彼女の服づくりに多用しましたのですが
マークはそれをストレッチ素材に昇華させたので、
勝手に(笑)その伝統を受け継ぎたい気持ちでいるからなのです。
ヴィオネやマークがなぜ”ストレッチ”という事に
こだわるのかと云うと、女性の凹凸の凹の部分を綺麗に
みせたいからだと思うのですが、、
(事の真相はマークに次回会った時に聞くとして)
今の”ストレッチ”の使われ方って凸をカバーする為に使われて
いる様な気がします。
ヴィオネは素晴らしい名言を残しました。
”女性が笑うとき、彼女の着ているドレスも一緒に笑っていなければ。”と。
そう云うアイテムを何着かずつご提案してゆければ、、と思います。

“洋服から解放されるということ”の新しい解釈

ダイアン・ペルネ

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

外から帰宅し、現実から離れ、こころを解放出来る場所の様なパジャマに袖を通すことほど喜びに満ちた瞬間はありません。皆にとってでは無いでしょうが、私はパジャマに特別な想いを抱いています。それは、第二の皮膚のようで、外の世界に触れる洋服とはまったく異なります。私はムラタアキコが王立アントワープ芸術アカデミーを卒業したときから彼女を知っていますが、当時から彼女はモロッコやミャンマーに旅をしたりと、すこしノマド的なところがありました。様々な旅をした後の2010年に東京へ戻りMA déshabilléをスタートしました。
私は彼女のコレクションに一目惚れをしました。彼女のコレクションのエソス(精神)はパジャマを外に着ていくことができる服にすることだと思っています。déshabilléとは、フランス語で略着でいることを意味しており、彼女のブランドにぴったり合致する名前だと思います。ブランドを始める前、彼女はヴィンテージの洋服のバイイングをしていました。「私はサンローランのシルクブラウスを雑にパジャマとして着るのが大好きでした。ココ・シャネルが当時は下着の素材としてしか使われていなかったジャージを外装に使いはじめたという哲学も好きです。」過去と現在、東洋と西洋、有用なものと不必要なもの、相反するものを融合させて服の持つ意味を再定義することをアキコは好みます。また、彼女は“20世紀は外見が他の人にどう見られるかということが重要視されていたけれども、21世紀はもっとわたしたち自身がどんなふうに感じるかということが重要になってくる”と考えていて、「ワインが年を経て美しくなっていくように、年を経るごとに意味が多層化してゆくモノをつくりたい。」と言います。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

The New State of Undress

by Diane Pernet

There is nothing better than that moment – that glorious moment when you arrive home after a day
outside and, finally, cocooned from the rest of the world, you slide into a pair of soothing pajamas. Pure liberty.
I know they’re not for everyone, but I have a thing for pajamas. They’re like a second skin that we’re barely aware of – one that defines us in a way that is profoundly different from the clothes we wear in glaring view of the public. Occasionally, an outfit can work both ways, and pajamas become daywear.
I have known Akiko Murata since she graduated from the Royal Academy of Antwerp. She has always been a bit of a nomad, travelling to places like Morocco or Burma. But after one round of world travels she came back to Tokyo in 2010 and established her brand MA déshabillé. When I was introduced to the collection, it was love at first sight. Her entire ethos is about making sleepwear into outerwear.
MA déshabillé refers to being in the state of undress. It’s a fitting name for the brand. Before launching the brand, Akiko dealt in vintage. She loves repositioning clothes, merging the past with the now, as well as the East with the West, the useless with the useful. Akiko’s view is that the 20th century has been too concerned with how we look and that in the 21st century the focus is more on how we feel. “My purpose,” she says, “is to create clothes vintage by vintage, like a fine wine.”

・オーダーから商品お届けまでの流れ

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

PREORDERの商品の納期に関してはこちらのページをご覧下さいませ。→『 2016s/s pre order 』

:::

通常、オーダー内容のご確認のメールが届いてからお届けまでは、
1~2ヶ月後となります。
(※ご注文のタイミングにより3ヶ月以上お待ち頂く場合もございます。
ご了承下さいませ。)

:::

『gift 』に該当する商品に関しましては、
1週間を目安とさせて頂きます。

:::

発送が遅れる場合には、事前にメールにてご連絡をさせていただきます。

:::

また発送時には、運送会社のお問い合わせ番号をつけまして ご連絡させていただきます。

:::

ご注文の確認におきまして、
確認後、御注文受付のメールをお送り致しておりますが
プレオーダー期間中につきましては、誠に勝手ながら、
土日、祝日を除く3〜7日程お時間を頂戴する場合が
ございます旨、予めご了承下さい。

:::

銀行振込をお選び頂きました場合、
前金として、商品代金の50%を
デポジットとしてお振込頂いております。
全額をお支払い頂くことも可能ですので、
ご都合の宜しい方をお選び下さい。

:::

残金につきましては、商品のお届け時に

御案内メールをお送り致しますので、
お支払い方法を銀行振込、代金引き換え
(手数料はお客様負担とさせて頂いております)
よりお選び頂けます。
※ 銀行振込の場合、ご入金確認後の商品の発送となります。

:::

お振込頂きます商品代金および、

お振込先につきましては、
別途お送り致します注文受付メールにて
御案内致しております。

:::

・在庫切れ,完売

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

各シーズンで、特別に人気の高かった商品は
定番として、いつでもオーダーが可能です。
ただし、物価の変動や職人さん、業者さんのご事情により
生地そのものが入手出来なくなった場合、廃盤とさせて頂きます。

:::

4反(40m前後/1反の場合が多い)単位で
生地のオーダーをかけます。生地を使い切る為に若干の在庫が
各商品にある場合がございます。そちらの在庫に関しましては
ギフト対象商品として扱わせて頂きます。
残反、在庫、が無くなり次第、完売とさせて頂きます。

:::

定番色のAMBER,DOMINIQUE,TANK,GABLIELLE(bottoms)
に関しましてはギフト対象商品として1週間以内の
お届けが可能としております。

:::

・お支払い方法、手順、手数料、等

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

クレジットカード
下記のカードがご利用頂けます。
VISA, MASTER, JCB, AMEX, MUFG, NICOS, DC, UFJ, DINERS, TOYOTA

:::

銀行振込
振込手数料につきましてはお客様のご負担にてお願い申し上げます。

:::

代金引換
手数料につきましてはお客様のご負担にてお願い申し上げます。

:::

お支払い期限
当方からの確認メール送信後7日以内となります。

:::

・返品、交換

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

商品の返品交換は、商品到着後1週間以内にお願いいたします。
返品交換のご相談は、info@ma-deshabille.com 宛までご連絡を
お願いいたします。

:::

受注予約商品

:::

MA déshabilléでは、より確実にクオリティーの高いアイテムを、
多くの方に手に取ってもらえるよう、大方、受注予約によって商品を
販売しております。その際は、予約のキャンセル、サイズ交換は
一切お受けできません。当ブランドが皆様にご満足頂けるサービスを
追求する都合上、ご理解、ご協力頂きますようお願いします。

:::

カラー

:::

製品のカラーを掲載する際、可能な限り正確に再現するよう努めていますが、当サイト上のカラーは、ご覧頂いているモニターの設定により
異なります。モニター表示上での正確性は、いかなるカラーについても
保証できませんことを、あらかじめご了承ください。

:::

返送料と再送料

:::

「商品違い」「数量違い」 「不良品」 など、当社に責任がある場合は、当社が返送料および再送料を負担しますので、「着払い」 とご指定くださいますようお願いいたします。

:::

ご返金の方法

:::

代金引換ご利用のお客さまは、返品商品到着後、
ご指定の銀行口座にてご返金いたします。
クレジットカードご利用のお客さまの場合、商品代金が
いったん引き落としになる場合があります。
あらかじめご了承くださいませ。

:::

お客さまのご都合による返品交換の返送料および再送料は、
恐れ入りますが誠に勝手ながらお客さまご負担となりますので、
「元払い」でお願いいたします。なお、下記の項目に該当する場合は、
返品交換は承れないことをご了承くださいませ。

:::

一度ご使用になられた場合 (使用後不良品とわかった場合を除く)

:::

お客さまの責任でキズや汚れが生じた場合

:::

お客さまが商品を間違って購入した場合

:::

対象商品の所有者が、ご注文時の購入者ではない場合

:::

商品到着後、ご連絡がなく1週間経過した場合

:::

・サイズ感

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

MAdéshabilléでは、女性に向けてはオーバーサイズの着こなしを
ご提案しております。何点かのユニセックスに成し得ない
アイテムを除きましては、細身の男性のサイズを40、42、と
想定し、そちらを肩が落ちた感じでの着用をお勧めします。
よくご相談のメールを頂く、150cm〜160cmくらいの御身長の
方には、Sサイズ、又は、36、38サイズをお勧めしております。
個々人の好みにもよると思いますので、それぞれのアイテムの
用尺をご参考になさって頂ければと思います。

:::

・展示会、イベント等のご案内希望

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

こちらからお名前、ご住所、
メールアドレスをご記入の上、Confirm
をクリックして下さい。

Subscrib

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

〝SANDALO〟

カラー:ナチュラル
素材:ヘンプ100%
納期:6月中旬

¥43900- +tax

カラー:フラワー
素材:シルク100%
納期:4月末

¥43900- +tax

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

〝MUGUET〟

素材:ウール100%
カラー: ブラウンブラック、ネイビーブラック
サイズ: 38
納期:4月末

¥110000- +tax

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

〝DELPHINE〟

素材:ヘンプ100%
カラー: ナチュラル
サイズ: 40
納期:4月下旬

¥162000- +tax

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

〝LT〟

素材:コットン100%
カラー: ブラック
サイズ: 40,42,44,46
納期:4月上旬

¥26800- +tax

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

〝GABLIELLE〟

素材:ウール100%
カラー: ブラウンブラック、ネイビーブラック
サイズ: 38,40,42
納期:3月上旬

tops ¥56000- +tax
bottoms ¥46000- +tax

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

〝GABLIELLE(カシミアテンセル)〟

素材:テンセル 90%、 カシミア 10%
カラー:ブラック、ネイビーブラック
サイズ: 38,40,42
納期:4月上旬

tops ¥43000- +tax
bottoms ¥23500- +tax

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

〝GABLIELLE(silk)〟

素材: シルク 100%
カラー: フラワー
サイズ: S, M,
納期:4月下旬

¥51000- +tax

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

〝RABAT〟

素材:テンセル 90%、カシミア10%、
カラー:パステルブルー、ブラウンブラック、ネイビーブラック
サイズ: 36,40,42
納期:4月上旬

¥42000- +tax

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

〝FUYURI〟

素材:テンセル 90%、 カシミア 10%、 別布;シルク100%
カラー:パステルブルー
サイズ:40
納期:4月上旬

¥45000- +tax

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

〝CATHERINE〟

素材: レーヨン 90%、 シルク 10%
カラー: Kariyasu
サイズ:36, 40
納期:4月上旬

¥26000- +tax

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

〝DARLINGTON(hemp)〟

素材:ヘンプ100%
カラー:natural
サイズ:38,40,42
納期:6月中旬

tops ¥46000- +tax
bottoms ¥39000- +tax

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

〝DARLINGTON(wool)〟

素材:ウール100%
カラー:ブラウンブラック、ネイビーブラック
サイズ:38,40,42
納期:3月上旬

tops ¥97000- +tax
         bottoms ¥58000- +tax

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

〝DARLINGTON(wool)〟

素材:ウール100%
カラー:ブラウンブラック、ネイビーブラック
サイズ:38,40,42
納期:3月上旬

tops ¥65000- +tax

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

〝RENAISSANCE(hemp)〟

素材:ヘンプ100%
カラー:natural
サイズ:38,40,42
納期:6月上旬

tops ¥58000- +tax
bottoms ¥53400- +tax

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

〝GEORGE(hemp)〟

素材:ヘンプ100%
カラー:natural
サイズ:42
納期:6月上旬

¥94000- +tax

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

〝GEORGE(silk)〟

素材:シルク100%
カラー:flower,Flowerwhite
サイズ:38,40
納期:4月下旬

¥118000- +tax

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

〝MAGNOLIA〟

カラー:パステルブルー
素材: テンセル 90%、 カシミア 10%
サイズ:フリー
納期:4月上旬

¥49000- +tax

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

〝NANCY〟

素材:シルク/30%,コットン70%
カラー:ブラック
サイズ:36
納期:4月上旬

¥39000- +tax

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

〝SAHARA〟

カラー: ナチュラル
素材: コットン 100%
サイズ: フリー
納期:4月上旬

¥48000- +tax

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

〝ELIZABETH〟

カラー: ナチュラル
素材: コットン 100%
サイズ: フリー
納期:4月下旬

¥101000- +tax

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

〝AMBER〟

素材: テンセル 90%, カシミア 10%
カラー: パステルブルー
サイズ: S,M
納期:4月下旬

¥42,000- +tax

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

〝MARRAKECHE〟

カラー: flower
素材: シルク 100%
サイズ: L

¥87000- +tax

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

MA déshabilléは、物質的豊かさではなく
精神的豊かさによる生活の質の向上を目指します。
よって、以下の項目をマニフェストとし、
お客様への御理解をお願い申し上げます。

:::

:心地よい労働と自然との付き合い方の
バランスを見直す為、物流量の加減を再考します。

:::

:必要以上に作り過ぎる事を防ぐ為、
一部のギフト対象商品を除き、受注にて商品の生産に
あたらせて頂きます。

:::

:資源の消費に対して責任を感じて頂く為、
永続的に作り手を育成してゆくことにコミット
して頂く為、プリペイド(前払い)でのお支払いを御願しております。
銀行振込の 場合は受注受付時に納品時とで二分割のお支払いが可能です。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ご注文の確認におきまして、
確認後、御注文受付のメールをお送り致しておりますが
プレオーダー期間中につきましては、誠に勝手ながら、
土日、祝日を除く3〜7日程お時間を頂戴する場合が
ございます旨、予めご了承下さい。

:::

また、プレオーダーの決済方法で銀行振込を
お選び頂きました場合、前金として、12/19の受付終了後、
12/22までに商品代金の50%を
デポジットとしてお振込頂いております。
全額をお支払い頂くことも可能ですので、
ご都合の宜しい方をお選び下さい。

:::

残金につきましては、商品のお届け時に
御案内メールをお送り致しますので、
お支払い方法を銀行振込、代金引き換え
(手数料はお客様負担とさせて頂いております)
よりお選び頂けます。
※ 銀行振込の場合、ご入金確認後の商品の発送となります。

:::

お振込頂きます商品代金および、
お振込先につきましては、
別途お送り致します注文受付メールにて
御案内致しております。

:::

御質問等ございましたら、遠慮なく
info@ma-deshabille.com までお問い合わせ下さいませ。
どうぞ宜しくお願い致します。