『 お知らせ 2017/3/27 』

やわらかな春の日差しが嬉しい季節となりましたが、皆様如何お過ごしでしょうか。
MA deshabille より、おすすめ商品発売、受注開始のお知らせです。

【Marrakech カスタムver. 受注開始】
(〜4/9締め切り予定)

先日伊勢丹新宿店で開催いたしました”Bespoke Creation”
でも大変人気のありました
Marrakechのおすすめカスタムヴァージョン3タイプの発売です。

オリジナルの商品ももちろんですが、
生地やパイピングの組み合わせで、新しい表情が見える限定のカスタム商品は大変おすすめです。

こちらは受注商品となり、納期は7月初旬〜中旬頃を予定しております。

※生地 / パイピングに関しましては添付画像もご参照ください。
(パイピング:左から、ブラック×ピンク / シルバー /
ブラック×ゴールド
生地:左から、 グリーン×カーキーゴールドストライプ/
flower赤 ストライプ / yellow flower )

ベースの生地によっても印象は変化しますが、
グリーン×カーキーゴールドストライプは大人っぽい遊びのある
ニュアンス、flower赤 ストライプはクラシカルでシャープに、
yellow flower はフェミニンでハイセンスになるかと思います。

<White Flower ベース>
ノイルデニムWhite Flower柄をベースにしたMarrakech。
シルク100%の肌馴染みの良い着心地です。
カフスとパイピングの組み合わせをお選び頂けます。

① オリジナル
¥87,000 + tax
http://ma-deshabille.com/eshop/1119-02.html

② カフス:グリーン×カーキーゴールド ストライプ /
パイピング:ブラック× ピンク
¥ 99,500 + tax
info@ma-deshabille.comまでお問い合わせ下さい。

③ カフス:yellow flower /
パイピング:ブラック×ゴールド
¥ 99,500 + tax
info@ma-deshabille.comまでお問い合わせ下さい。

④ カフス:flower 赤ストライプ /
パイピング:ブラック×ゴールド
¥ 99,500 + tax
info@ma-deshabille.comまでお問い合わせ下さい。

<ヘンプ ベース>
肌触りが良く、軽くて通気性にも秀でたヘンプベース。
カスタムヴァージョンは、前立ては全てノイルデニムのWhite Flowerとなり華やかな印象です。カフスとパイピングの組み合わせをお選び頂けます。

① オリジナル
¥78,000 + tax
http://ma-deshabille.com/eshop/1119-01.html

② 前たて:white flower(ローシルク)/ カフス:グリーン×カーキーゴールド
ストライプ / パイピング:ブラック×ピンク
¥ 90,500 + tax
info@ma-deshabille.comまでお問い合わせ下さい。

③ 前たて:white flower(ローシルク)/
カフス:yellow flower / パイピング:ブラック×ゴールド
¥ 90,500 + tax
info@ma-deshabille.comまでお問い合わせ下さい。

④ 前たて:white flower(ローシルク)/
カフス:flower 赤ストライプ / パイピング:ブラック×ゴ ールド
¥ 90,500 + tax
info@ma-deshabille.comまでお問い合わせ下さい。

<パイル生地ベース>
柔らかな触り心地のパイル生地。
ブラックとピンクの2カラーからベースをお選び頂け
比較的お手頃な価格でお買い求めいただけます。

①前たて:white flower(ローシルク)/
カフス: グリーン×カーキーゴールドストライプ /
パイピング:ブラック×ピンク
¥ 71,500 + tax
info@ma-deshabille.comまでお問い合わせ下さい。

② 前たて:white flower(ローシルク)/
カフス:yellow flower /
パイピング:ブラック×ゴールド
¥ 71,500 + tax
info@ma-deshabille.comまでお問い合わせ下さい。

③ 前たて:white flower(ローシルク)/
カフス: / flower赤ストライプパイピング:ブラック×ゴ ールド
¥ 71,500 + tax
info@ma-deshabille.comまでお問い合わせ下さい。

【Sandalo White Flower 受注開始】
(〜4/9締め切り予定)

タイパンツを応用した程良い着崩し感のボトムス。
お問い合わせも多数いただいた大変人気のあるアイテムの再発売です。

こちらは受注商品となり、納期は7月初旬〜中旬頃を予定しております。

Sandalo White Flower  ¥ 43,900 + tax
http://www.ma-deshabille.com/eshop/1137-02.html

また、4月中旬より、ハーフパンツタイプのLacertaの受注を開始いたします。気軽に履けて心地よい、暑い季節にぴったりのアイテムです。
Lacerta White Flower(ハーフパンツタイプ)¥34,500 + tax

【SAHARA white flower  発売】

大変ご好評をいただいております、SAHARA white flower柄の発売をいたします。

※こちらはすぐにご購入いただける商品でございます。

SAHARA White Flower / size 38,40 ¥ 66,000 + tax
http://ma-deshabille.com/eshop/3113-01.html

SAHARAはゆったりとした着心地を楽しんでいただきたいため、
38サイズは比較的小柄な方におすすめしております。
サイズ詳細は下記をご参照ください。

[size 38]着丈125, 肩幅48, 身幅56, 袖丈40, 袖口54
[size40]着丈128, 肩幅50, 身幅58, 袖丈42, 袖口57

ご不明点等ございましたら、info@ma-deshabille.com まで、お気軽にお問い合わせください。
みなさまからのご注文を心よりお待ち申し上げております。

『 やさしさにつつまれたなら 』

ヨーロッパの前にバンコクに来る感覚は心地良い。
Tシャツ一枚に着替え、街までのタクシーに乗る。
2年前に比べて、値切ったりする気力がさっぱりなくなった
自分は年取ったな、、と思う。
急いでマッサージに入ると、とても太った力の強い
人にいためつけられ、コリはとれたかもしれないが
痛みが残って笑えた。
願掛けをしにエラワンに行った。
いつでもここにくる人達は、念入りなお祈りのしかたをしている。
願いが叶った人がお礼に神様に捧げるおどりを踊る、
踊り子達の無表情で淡々としてる感じも懐かしかった。

パリに着く。交通渋滞のおかげで、
車のなかでの仕事がはかどる。
夕方にはロンドンに向かうので、
北駅に荷物を置きに行った。
相変わらず物騒な駅で、貴重品は
コートの中に持つようにする。
友人が迎えに来てくれて、
『信じられないほど醜く過ぎるスタチュー(彫刻)の前に
いる、』と、言われる。
この人はシンプルに”中央口にいる”とか言わない
、、というか言えないんだな、、昔から。
タクシーにのり、今や廃れた、十何年前に
よく一緒にいったカフェでブレックファーストを食べる。
結局、フェミニズムの話になって、時間となり、
別れ惜しくもハグ。
11時過ぎ、別の友人とサイトンブリー展のエントランスで
待ち合わせたが、休館日。ブノワにランチに行く。
フォアグラとワイン。大好きな組み合わせ。
サンジェルマンまで歩く。
通る道の一本一本に色んな想い出が染み付いていて
なんだか歯がゆい。
巴里の母と称している恩人のヴィンテージ屋さんに
挨拶に。たばこ3、4本の火をつけたまま放置しているのも
相変わらずで、お土産に持って行った御菓子は紙切り鋏で切り分けてくれた。
バルマンの美しいスカーフを、お客様に提供する用に
購入しようとしたら、ギフトでくれたので、
自分のものにしないと失礼ではあるがお客様に提供することにした。

北駅からロンドンに向かう。
とりあえず、泡の小瓶を2本ぐらい飲んだら
疲れのせいもあって、グダグダに酔っ払ってしまって、
友人カップルのスタジオに到着した時には
久々の再会なのに、顔がむくんでいたかと思う。
「ウェルカム!エー(A)、ケー(K)、アイ(I)、ケー(K)、オー(O)!」
と連呼され、歓迎してもらった。
生地をくれないか、との相談に快く応じてくれ、
なんとも美しい、彼らのプリントの入ったシルク地を沢山
提供してくれた。ショーの日も近づいている彼らが
「レストランに行くより、手料理の方がいいだろ!?」
と言って、丁寧に煮込んだボロネーゼのパスタ等々を
振舞ってくれ、彼ららしいコレクトの
アートや骨董品の説明とかをしてくれ、
そしてお互いの近況報告とかで、つかの間の団欒を楽しんだ。
次の日の午前中は彼らのアトリエで仕事をさせてもらって、
午後にアントワープに移動した。

ペインターの友達一派とディナーをし、
遅くまで飲み明かした。
中国の話やバロックをテーマにアントワープ村の村おこしイベントの
キュレーションをやるって計画の話、ルーベンスの話、、
教会の裏の昔からあるバーでぐちゃぐちゃなひと時を過ごした。
そのバーの近くにあるヒルトンホテルをとってくれて、
次の日はモロッコに出かけるので、熱い湯船に浸かって
頭を冷やした。
時差ぼけで早く目覚めて、自分が5年以上住んでいた
フラットの近くのbioベーカリーにスープが食したくなって、
うろうろ母校の前を歩き、広くなったベーカリーで
好きだった食べ物や飲み物をバカみたいにたいらげて、
ホテルに戻り駅までのタクシーを呼んでもらった。
タクシーの運転手はイスラムの人で、
街中にどれだけ監視カメラが設置されているかを
事細かに説明してくれた。
電車を乗り継ぎ、空港に着き、
時間が余ったので、パスティスを飲み始めたら
バーの人たちが面白がって、空いたペットボトルにも
飲み物を入れてくれ、またもやグダグダな状態で、
モロッコのマラケシュに着く。

久しぶりのフナ広場の横を通り過ぎ、
その日はホテルでばたりと眠り、
翌朝の強い日差しを鳥の鳴き声の中、
仕事の電話を済ませた。
サンローランの位牌がある、マジョレル庭園に
いる友達とランチをし、古裂のあたりをどこに絞ったらいいかをを
教えてもらい、また広場のあたりに戻ったら
古い友達にばったり遭遇した。
この古い友達は警察に入っていた方が生活レベルが高い、、ような人で、
目と歯が今にも落っこちそうな、いわゆるジャンキーで
彼の借金とディナーを払わされ、お釣りをぼったくられたが
心が通じ合っていることは昔と変わらず、
和やかな時間を二人で過ごした。
翌日はメディナの中をうろつき、そしてブリュッセルに
夜中に着く。
まだ時差ぼけで朝早く起き、
骨董市を漁り、ブリュッセルの街をうろついた。
ここを歩いていると、ランボーのことを思い出してならない。
時差をよく把握しておらず、パリまでの電車に
余裕で乗り遅れ、チケットを買い直してパリに。

日曜日なので、ことごとく店は閉まっており、
展覧会は長蛇の列だったので、パレロワイヤルに散歩に行った後
友人をホテルに呼んで、二人で飲み明かした。
翌日、シャルルドゴール空港からバンコクへ。
フェイシャル、タイマッサージ、の後に飲茶を食べに行き、
まつげエクステの後、ツボ押しのえげつないところに行って、
現地に住む友人たちと裏シェラトンと呼んでいる屋台の蟹粥を
食べに行って空港に。
8日間の怒涛な旅だったけれど、
日本の友人たちがラインで『お気をつけて』というメッセージを
いくつも送ってくれた。
『気をつけて』と人に言われると、事故に遭う確率が低くなるらしい為、
この言葉をいつしかとてもありがたく受けとるようになっている。
焦がれていた懐かしい風を浴びた、重いお土産を持って帰ってきた。
伊勢丹にお土産達を見に来ていただければ幸いです。

MA déshabillé “Bespoke Creation”

2017年3月1日(水)〜2017年3月14日(火)
新宿伊勢丹本館 3F リスタイル
MA déshabillé ×希少な素材の独自性(残反・ヴィンテージ生地)דフクル”マスカスタマイゼーションプラットフォームによって作り上げる
パーソナルなクリエイション。
大量生産が主流の繊維業界において、
ITを活用したマスカスタマイゼーション(多品種一点生産)
の取り組みを進めている“フクル”のプラットフォームを活用し、
繊維産業の町である群馬県桐生市の機屋やパリに眠るヴィンテージの
生地や、ボタンなどのパーツを用いて、MAのアイテムのカフスや
襟などをカスタムできる。
3月11日(土) 16:00〜 スタイリスト上杉ミユキ氏によるアドバイザー
3月12日(日) 14:00〜 金子渚のネイルサービス
       17:00〜 eri,fuyuri,nagisa,トークショー「旅について」

『 御試着会のお知らせ 』

いつもMA déshabilléを御愛顧頂き誠にありがとうございます。

あちらこちらのイルミネーションが目を楽しませてくれる季節に
なりました。如何お過ごしでしょうか?

この度、代々木上原のSibenにてSAHARAのお披露目会を兼ねての
PINKFESを開催致します。
(会場での受注をいただきましたお客様にはささやかではございますが、
10%の割引をさせていただきます。)

年内も余日少なくなり御多忙の中かと思いますが、
ぜひ御参加下さいませ。

開催日時: 12/23日(金) 12:00〜19:00,
                24日(土)11:00〜17:00

場所: 〒151-0062 東京都渋谷区元代々木町10-6 type7Bldg.2F

『 お知らせ 2016/12/13 』

<新作発売のお知らせ>
12/22(木)受注受付開始予定の新作のご紹介です。
ご好評をいただいております、”sahara” “william” の
新しい素材でのご提案です。

【sahara x ローシルク (flower)】
¥ 66000~/ size : 38,40

【william x ローシルク (flower)】
¥ 78000~/ size : 38,40

【william x パイル(pink)】
¥ 55000~/ size : 38,40

【darlington tops x パイル(pink)】
¥48000~ / size : 38,40

<新柄発売のお知らせ>
上記新素材・カラーに加え、 “sahara” “william”
の新たな柄での発表を予定しております。
詳細は決まり次第こちらでお知らせさせていただきます。

『 お知らせ 2016/11/29 』

<メンズアイテムご紹介>
MA deshabilleでは男性向けのアイテムも取り揃えております。
贈り物が多くなるこれからの季節にもおすすめです。

細身のアイテムではありますが、より多くの男性にも着ていただけるよう
大きなサイズも近日中に発売予定です。

『BRUTUS』No.832

また、MA deshabilleのメンズアイテムをBRUTUSにて
ご紹介いただいております。是非ご覧ください。

<PINK FES開催のお知らせ>

大変好評をいただいております”PINK FES”では
新たにbespoke でのwilliam の受注受付や、
ピンクのbabydoll発売も予定しております。
詳細が決まり次第改めてお知らせ致します。

『 日常的、、  』

18歳くらいのころ、当時の恋人との待ち合わせに早くついて
時間を持て余し、原宿の南国酒家の辺りのカフェの奥にあった
お花屋さんで花を数本選んで買った。
自分のお金で花束まがいのものを買ったのはそれが初めてだった。
彼は、家に着き次第に群青とグレーの綺麗な陶器にその花を
生けてくれた。”花を選んでいる私”って思わずに彼のことを
一直線に想って花を買ったのが伝わったらしく
その初心の様なものにあのひとは上機嫌だった。

アントワープにいる頃、毎週土曜日に、古着、野菜、
チーズ、花etc、、を売っているマーケットが
あって、そこで毎週、花束を買っていた。
あと二軒、一軒は、計算が全く出来ない神経質な顔の青年が
やっているお店、もう一軒はサンタマリアノヴェッラに
よく買い物に来るイタリア趣味っぽいご夫婦がやっているお店、を
気に入っていた。この2軒は「お店のシールを貼らないで
もらえますか?」と頼まなくて済む店だった。

チューリッヒにある有名なお花屋さんに出会ったときの衝撃は
忘れられない。今までで会った人の中で
一番に眼力の強い人だった。白薔薇とオリーブの葉で
花束をつくってくれた。
「貴女にとって花とは何ですか?」と、訊ねたら
「音楽と天国よ。」と、即答頂いた。
このお花屋さんをご紹介下さった、奥様のご自宅のお庭は
ロックガーデンで、将来、庭を持ったとしたら真似しよう
と、決めている。

(前置きが長くなりましたが、)
 DILIGENCEPARLOUR、越智君にお誘いを頂き、花フェスを
やる事になった。このお誘いはとても嬉しかった。
服を花と結びつけられるってかすかないい感じを
ちょっと実感する。
花は枯れるからそれを職として扱っている人がうらやましい。
「みんな服を捨てたがっているんだよ。」と知人から聞いた。
確かに私も色々捨てたい。服と関わっているとデカダン気取りで
デカダンにはなれない。私の中の小さなヴィスコンティはいつも
心のどこかに置いてきぼりになっている。

追記:
「美しい「花」がある。「花」の美しさという様なものはない。」
と云う一節があるが、越智君は“美しさ”とかを追わないから信頼している。

DILIGENCE PARLOUR OMOTESANDO
東京都渋谷区神宮前 4-12-10 表参道ヒルズB1F 
月~土 11:00~21:00(祝日の日曜日、連休最終日も同様)
日 11:00~20:00
TEL:03-6434-7826
MAIL:order@diligenceparlour.jp

『 L.T 』


MA déshabilléでは、12月5日(土)、6日(日)の二日間、S/S 2016 collection「LT」の御試着会(受注展示会)を開催致します。

中世の絵画にある様な二次元の中の蠢きの黒の色の
何種類かより空想を膨らませ、常に黒いTシャツを着用している友人の
アーティストの姿と重ね合わせていきました。
ウィメンズでは、メンズと同様の黒のシリーズ、定番の花柄のシルクの
シリーズ、長らくお待たせをしておりました、ヘンプのトレンチコートの
お披露目もございます。是非、ご高覧頂けましたら幸いです。
ご多忙の最中かと思いますが、
皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。

       

ヨーロッパでの私のお友達は大半がゲイなのだけれど、
(美意識が高くて、料理が上手くて、頭が良くて、最高な彼ら!)
リュックは数少ないノンケの男友達で、
言わずともがな有名な画家である。
私は彼の絵よりも彼の存在の方が好きだけれど、
彼の存在を知ると彼の絵も大好きだと思う。
MA deshabilleでは、ユニセックス、、と歌いつつ、
”ノンケの男”の部類は
避けて通って来た。けれども、なぜか急に、
”ノンケの男”のスクエアーな感じを
やりたくなった。私はリュックの絵のシンプリシティーが
好きなのだけれど、
そう云う、混乱した人間こそ、わざと自分をシンプルに
見せる感じがやりたくなった。私の嫌いな Tシャツ 
っていうものをつくってみようかと思った。
ダサくて、どうしようもなく孤独な人の為のTシャツ(でも高額…)

前述、中世、、と書いたけれど、私が大好きな
こじんまりしたローマにある美術館で
観たゴヤの絵が忘れられない。
ヒトはヒトを殺さない事がモラルとされてまだ少ししか
経っていないけれど絵画表現の中の黒は
今より、然う然う、主役だったと思う。
(死=黒って云う方程式を前提に話している訳ではない)

私が好きな黒はサンローランがベルベット生地を使う時の黒と、
ゴヤの絵の中で茶色にみえたり紺色に見えたりする複雑な黒である。

今回は黒がテーマだから、ビートニックや実存主義の
云々を例に挙げようとしてもそぐわない。
やっぱり、この私に残る”黒”は7年住んだアントワープの色なのだと思う。