“洋服から解放されるということ”の新しい解釈

ダイアン・ペルネ

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

外から帰宅し、現実から離れ、こころを解放出来る場所の様なパジャマに袖を通すことほど喜びに満ちた瞬間はありません。皆にとってでは無いでしょうが、私はパジャマに特別な想いを抱いています。それは、第二の皮膚のようで、外の世界に触れる洋服とはまったく異なります。私はムラタアキコが王立アントワープ芸術アカデミーを卒業したときから彼女を知っていますが、当時から彼女はモロッコやミャンマーに旅をしたりと、すこしノマド的なところがありました。様々な旅をした後の2010年に東京へ戻りMA déshabilléをスタートしました。
私は彼女のコレクションに一目惚れをしました。彼女のコレクションのエソス(精神)はパジャマを外に着ていくことができる服にすることだと思っています。déshabilléとは、フランス語で略着でいることを意味しており、彼女のブランドにぴったり合致する名前だと思います。ブランドを始める前、彼女はヴィンテージの洋服のバイイングをしていました。「私はサンローランのシルクブラウスを雑にパジャマとして着るのが大好きでした。ココ・シャネルが当時は下着の素材としてしか使われていなかったジャージを外装に使いはじめたという哲学も好きです。」過去と現在、東洋と西洋、有用なものと不必要なもの、相反するものを融合させて服の持つ意味を再定義することをアキコは好みます。また、彼女は“20世紀は外見が他の人にどう見られるかということが重要視されていたけれども、21世紀はもっとわたしたち自身がどんなふうに感じるかということが重要になってくる”と考えていて、「ワインが年を経て美しくなっていくように、年を経るごとに意味が多層化してゆくモノをつくりたい。」と言います。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

The New State of Undress

by Diane Pernet

There is nothing better than that moment – that glorious moment when you arrive home after a day
outside and, finally, cocooned from the rest of the world, you slide into a pair of soothing pajamas. Pure liberty.
I know they’re not for everyone, but I have a thing for pajamas. They’re like a second skin that we’re barely aware of – one that defines us in a way that is profoundly different from the clothes we wear in glaring view of the public. Occasionally, an outfit can work both ways, and pajamas become daywear.
I have known Akiko Murata since she graduated from the Royal Academy of Antwerp. She has always been a bit of a nomad, travelling to places like Morocco or Burma. But after one round of world travels she came back to Tokyo in 2010 and established her brand MA déshabillé. When I was introduced to the collection, it was love at first sight. Her entire ethos is about making sleepwear into outerwear.
MA déshabillé refers to being in the state of undress. It’s a fitting name for the brand. Before launching the brand, Akiko dealt in vintage. She loves repositioning clothes, merging the past with the now, as well as the East with the West, the useless with the useful. Akiko’s view is that the 20th century has been too concerned with how we look and that in the 21st century the focus is more on how we feel. “My purpose,” she says, “is to create clothes vintage by vintage, like a fine wine.”