『 PINKFES 』


ピンクフェス、ピンクフェスって言っているけども
いつから始まるのだろうと疑念を持たれている事と
思います。御待たせ致しました。

MA deshabilleでは、3月、8月、12月を
女子力向上月間とし、子宮温めのハーブパット、
LOVEと女子力アップのお茶、そして、
ピンクフェス限定でのピンクのアイテムを販売致します。
子宮温めのハーブパットLOVEは
女子力向上月間中(年間3回)に届く
年間セットも御用意致しました。
送料、布袋を2回分省略した、
御自身用に購入下さる方にオススメなセットです。
定数に達し次第ご予約を締め切らせて頂きます。
お早めにどうぞ!→ WANT
こちらのお申し込み受付は年間一回となりますので、
呉々もお見逃しのないようにお願い致します。
(銀行振込の方も一括でのお支払いとさせて頂きますこと、
御了承下さいませ。)


3月6日より

:williameパイル地(コットン100%)⇒ WANT

:Amber(カシミア+コットン)
⇒ 生地の生産トラブルにより、次回の提案とさせて頂きます。申し訳ございません。

:Gabllielle(カシミア+コットン) ⇒ WANT

:shahara袖無しパイル地(コットン100%)⇒ WANT

を数量限定で発売致します。

年に何回か、女性がちょっとウキウキしながら
自分って女なのよね〜〜って思い出してもらって、
ちょっと男に優しくしたり、肌艶よかったり、
ちょっといつもよりセクシーな格好をしていたり、
少女心を思い出してみたり、女性のフィジカルな問題を
他の人と話し合えたり、ワークショップがあったり、、
って云うきっかけをつくってゆければと思います。
一緒に温め、楽しみましょう〜〜。

2年程前にこういったブログを
書いていました。
子宮温めハーブパットも普及して来た今、
久しぶりにこの『いま、世の中に『オンナ』がいない…」
の文章を読んで、ちょっと初心を思い出してしまったのです。
(↓長文を失礼します。)
:::
タイマッサージの秘境のももちゃんの
治療を受けに行ってきました。
マッサージを受ける前に2、3時間も、、時間を忘れて
いろんな事を話し込んでしまうのですが、
今回は『オンナ』について、、話しました。
『おんなのひとは、身体があたたかくて、言葉使いが丁寧で、
朗らかな表情、をしていたら幸せになれるんですって、
シャーマンのひとが言ってた。』
と、ももちゃん。(このひとはいつも穏やかに、
衝撃的なことを口走ります。)
『子宮の中が冷たいと、おとこのひとは、
イ◯ても気持ちよくないんですって。』
私のブランドから子宮を温めるハーブパット
をだすことを2人で考えついた。
Loveと云う名前で販売することにしよう。

下記添付↓は、ももちゃんのお友達経由でシェアしてもらった文章。
”つまり、しっかり『彼ら』にハメられているのです。”
とかwwwまあ、過剰なかんじでウケますが、
同意できる所も多いですね。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
【いま、世の中に『オンナ』がいない。
それがあらゆる問題を創り出しています。】
陰謀論の多くが、政治、金融、農業、マスコミ、グローバル企業、
製薬、軍事とか中心になっているけど、そっちって、
実は表面的な話なんですよね。
本当に、『彼ら』が目覚めて欲しくないのは『性』についてです。
特に、女性が本当の『オンナ』に目覚めたら、全て終わってしまう。
なんで、性の産業が汚らわしいってことになっていると思う?
なんで、風俗とか、アダルトビデオとか、本当は一番神聖で、
美しく、人間を人間たらしめてきる『性』の産業が、
卑しいことになっていると思う?
なんで、美しい女性の肉体が、イヤらしく、男性の
欲望を煽るようなものだと貶められていると思う?
なんで、『男女平等』が、身体と心のバランスを崩してしまうほどに、
仕事に追い詰める土俵に立つってことを
目指していることになっていると思う?
なんで、かつて世界中で神殿で祀られていた性器にモザイクが
かけられているんだと思う??
なんで、古代の神殿では、神官が、セックスを扱っていたのだと思う?
『彼ら』は、オンナが、オンナに目覚めると、
全てが終わってしまうということを、よーーーーく知っているのです。
原発問題とか、ワクチン問題とか、製薬会社の問題なんて、
オンナがオンナに目覚めたら、実はあっさり、ぜーーーんぶ、
ぜーーーんぶ、片づいちゃうのです。
オトコは、オンナが目覚めれば、自然と目覚めます。
ハッキリ申し上げます。
女性性の目覚めは、いま、世界中で起きている問題を全て
解決してしまいます。
だから、陰謀論が大好きで、製薬会社とか、軍需産業とか、
グローバル産業とかと『闘って』いる女性は、
あなたのなかのオンナを目覚めさせることを優先した方がいい。
仕事に追いまくられているのをやめて、冷えをとって、
子宮を温めて、身体を愛して、人生を愉しんで、
愛のエネルギーをバンバンまわりに廻せばいい。
いま、世の中に『オンナ』がいない。
それがあらゆる問題を創り出しています。
だから、男性は狂ってしまって、
暴力的、破壊的、支配的な世の中を生み出しているのです。
それを、男性的に破壊しようとしても、ますます加速します。
陰謀論に立ち向かっているとき、それは男性的な感覚に変化しています。
つまり、しっかり『彼ら』にハメられているのです。
とにかく、オンナに目覚めること。
そして、素晴らしいことに、その流れが女性から
スタートし始めています。子宮やセックスからオンナに
ついて伝える女性に会いに行きましょう。
彼女たちは、あなたの欲しい“答え”をもたらしてくれます。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::